【布マスクカバー】紙マスクがケバケバになってきたら・・・ハンドメイドが苦手な人でもできる、一回縫うだけの作り方。とりあえずこれでしのげます。

布マスクカバー 5-4

布マスクよりも、紙マスクのフィルター機能が必要!!

でも何回も洗って使うと、ケバケバになってくる問題。とりあえず紙マスクを布でカバーして、しのいでいきましょう!!

ハンドメイドなんてやる時間がない、忙しいけど紙マスクがないし、古くなってしまった・・・という方向けの内容です。

紙マスクがケバケバになってきたら・・・ハンドメイドが苦手な人でもできる、一回縫うだけの布マスクカバーの作り方。(ハンカチかベビーガーゼ使用)

・使用するもの 家にあるハンカチ。写真は、ベビー用のガーゼ25×25を使いました。

①マスクをガーゼの上に広げて、ガーゼの横をマスクのサイズにおる

②折ったガーゼをひっくりかえす

③マスクに合わせて上下を折る

④ガーゼの上下の端を重ねてとめる。(洗濯ばさみでもOK)

⑤重なった部分に線を引く

⑥この線を並み縫い。最初と最後は返し縫いをします。

並縫いと玉止めのやり方は、基本動画シリーズをご覧ください。

⑦縫うとこんなかんじに。縫い代をひらいて、ひっくりかえす。

⑧中に紙マスクを入れる。この状態だとつけるとヨコが開いた感じになりますが、仕事が忙しくてこれ以上はムリ!!これでいいやって人はこのままでOK

⑨左右をザクザクっと縫って最後の玉止めする前に、糸をキュキューっと寄せるとこんな感じに。左右が閉まる感じにもなります。

とりあえず、紙マスクのケバケバ対策はこんな感じです。他にも方法を思いついたら投稿します。