【磁石のおもちゃシリーズ】キウイフルーツの作り方。フェルトで赤ちゃんが夢中で遊ぶ知育玩具を作ろう!

フェルトおもちゃキウイ

準備するもの:磁石、フェルト(はぎれ)、わた、無料型紙 、刺繍糸、縫い糸

所要時間:約1時間

使用するフェルトは、洗うことができるウォッシャブルフェルトがおススメ!百均のフェルトでもできますが、少し薄めのものもあるので、しっかりした厚みがあるかどうか、買う前にチェックしてみましょう。私は、手芸屋さんで一枚ずつ販売されているものを買っています。

初心者向けハンドメイドの作り方動画
待望の、磁石のおもちゃシリーズ 第3弾

ふしぎに、赤ちゃん夢中で遊んでくれる!

生後半年もすると、手先が器用になってくるベビーは、指先でつまんだりしながら手の動きを習得したくなる。なので、磁石のおもちゃをひっつけたり、つまんだりする遊びが大好き!他のおもちゃよりも、はるかに楽しそうに遊んでくれることでしょう!

赤ちゃんとの暮らしは、とにかく目が離せない!用事が出来ない!

赤ちゃんがいっときでも、その場に留まって遊んでくれたら、本当に助かりますよね!!

その願いを、磁石おもちゃシリーズは実現してくれるのです!!

普通の磁石だけだと、誤飲の心配がありますが、フェルトの中に入れ込むことで、安心して遊ばせることができます。また、丸や棒型など、色々な形の違いを楽しめます♪   

いつもは、ホワイトボードにひっつけて収納。お出かけの時は、お気に入りのミニ缶にひっつけて♪

色々な使い方ができます♪あなたのアレンジはどうですか?

もちろん、手芸品の販売や、バザー、保育園や幼稚園での教材としても使っていただけると思います♪

知育玩具:磁石のおもちゃでの遊びで指先の動きをきたえよう

月齢:手指の動きが発達してくる生後半年くらいからがおススメ☆

磁石のおもちゃシリーズは,赤ちゃんがつまんだり投げたりできる手のひらサイズのおもちゃなので,遊びながら指先の細かいうごきを習得できます。丸いものや細長いものなど,大きさの違うものを触ることは良い刺激になってくれます♪

また,このおもちゃを作っておけば,2,3才になってからも,おままごと遊びやごっこ遊びに応用できて,長く使えます。

【 作る時と遊ぶ時の注意点 】

 ・おもちゃを作る時、磁石を赤ちゃんが飲み込まないように十分に注意してください。動画で使っている磁石は、フェルトを通してもくっつけるために、力の強い磁石を使っています。飲み込むと大変危険ですので、しっかりと管理をしましょう。小さすぎる磁石も使わないようにしましょう。

 ・作り方動画でも説明しますが、赤ちゃんが遊んでも磁石が出てこないように、フェルトを縫い合わせるときは、二重に縫うようにしましょう。

 ・赤ちゃんに遊ばせるときは、おもちゃが破れていないか、常に確認するようにしてください。仕上がったおもちゃが、赤ちゃんの口に丸ごと入るサイズだと小さすぎますので、大きめに作るようにしましょう。

・遊ぶときに絶対に冷蔵庫につけない!!料理中などに冷蔵庫に磁石をつけたくなりますが、冷蔵庫の下に赤ちゃんが来ると、物の落下や指を挟んでしまう危険があるので絶対にやめてください。離れた場所にホワイトボードなどを用意して遊ばせてください。

※ 以上の注意点を守って、楽しく遊べるおもちゃを作りましょう♪

リンゴバナナキウイフェルト

あなたが作った作品をぜひ見てみたいので、完成した作品は、#みちのおうち でシェアしてください♪型紙使用の際は、「michiのおうちでハンドメイド」の型紙を使用。と必ずご記入をお願いします!

それにしても、桜咲く卒業シーズンなのに、突然の休校措置!!子どもが毎日家にいることになるし、しかも外出できない!!そんなときこそ、「おうちでハンドメイド」しちゃいましょう!michiのyoutube作り方動画では、子どもと一緒に100均材料を使って簡単にできるDIYハンドメイド動画を、今後配信していきますよ!

休校対策に、ぜひチャンネル登録をすませておいてくださいね♪

michi

良質なブログを目指し、改善していくため、ハンドメイドブログランキングに参加しています♪型紙をダウンロードされる場合は、下の「人気ブログランキングボタン」をクリックしてください♪ 無料型紙を継続していくため、ご協力よろしくおねがいします!!


雑貨・小物ランキング

型紙はこちらからダウンロードしてA4用紙に印刷して使ってください♪

キウイの無料型紙 ➡➡ キウイ.PDF

りんごの森の物語
~キウイくんの出会い編~

リンゴバナナキウイフェルト

切り株の小道をずっと行くと、小さな町が見えてきました。りんご姫の住む町です。

まず立ち寄ったのはケーキ屋さん。11時になると毎日特売になります。

ケーキがすべて100円になるのです!!

「ちょっと寄っていきましょうよ♪ここのケーキ、おいしいわよ」と、りんご姫が言いました。

バナナくんも、「それはいい考えだ!ぼくもケーキを食べてみたいよ」と言って、二人でケーキ屋さんに入っていきました。

「いらっしゃいませ」

お店の番をしていたのは、時計のような顔をしたキウイでした。目が11時になっています。

「ケーキが全て100円にですよ、どうぞ選んでくださいな」

りんごちゃんは、「おススメって書いてある、キウイのタルトケーキをくださいな」といいました。

キウイちゃんは「せっかくなので三人で一緒に、近くのキラキラ湖でケーキを食べませんか?」と言ってくれました。

それはいい!と三人はキラキラ湖に続く道を歩いていきました。

【キラキラ湖】編へ続く。